2018年11月15日

靴下も衣替え







最近の愛読書は家の本棚にある雑誌やフリーペーパー。
その中でも料理のレシピが載っている記事を読みあさっている。
そのレシピを忠実に再現することに楽しみを感じているのだ。
毎年11月や12月に創刊された雑誌にはクリスマス料理やお正月料理がたくさん載っているので、今はその勉強中。
そういえばこの間「天然生活」の[VOL.1+VOL.2 復刻版]というのを中古で見つけて買ったのだけれど、内容に古さをまったく感じないし、最新の「天然生活」と見比べても全然ブレていなくて感動してしまった。ファッション雑誌だと、どうしてもその当時の流行が出てしまうものな。
「Ku:nel」と「天然生活」は持っていない号のバックナンバーを中古で探して保管しておきたい雑誌。今でもお風呂で数年前の「Ku:nel」を読んでは学ぶところ多し、だ。

最近寝る前によく見ているのは海外ドラマの「SIX FEET UNDER」。
葬儀屋を営む家族の話で、登場人物それぞれの個性が愛らしくて面白い。
アマゾンプライムビデオをポチポチと検索していてたまたま目に付いたので見始めたら、静かにハマってしまった。調べてみるとなんと2001年から放送されていたものらしい。なんと18年前!(もっと最近のものかと思っていた。)
出演している女性3人が三者三様で魅力的なのです。(母親役のフランセス・コンロイと娘役のローレン・アンブローズと息子の元婚約者役のレイチェル・グリフィス)
そして、男性陣は驚くほど格好良い人が出てこない‥。




















靴下も冬用に衣替えの時期。
靴下の凄さを侮るなかれ。
たとえ薄い生地の靴下だとしても、ウール混のものとそうでないものとの暖かさの差は驚くほど!
昨年実際に体感してびっくりしました。
ぜひ足元から暖かくしてくださいね。




メリノウールの靴下。
履き口の締め付け感を感じにくいように、ゴムを減らしたタイプ。

th_PB023133.jpg

th_PB023138.jpg

th_PB023136.jpg





ケーブル柄の靴下。
ウールとアンゴラで詰まった暖かさ。

th_PA262902.jpg

th_PA262905.jpg

th_PA262899.jpg

th_PA262896.jpg






幾何学模様の靴下。
さりげなくカラーネップが混ざっています。

th_PA262881.jpg

th_PA262878.jpg







葉っぱの模葉の靴下。
革靴にも合わせやすい薄手タイプ。
丈は結構あるので暖かいです。

th_P9131234.jpg

th_P9131230.jpg

th_P9131240.jpg






そして、レッグウォーマーも。
一度試してみたらやめられなくなるレッグウォーマー。
足首でくしゅくしゅとして履くのもかわいいですが、伸ばして履いた時のふっくらと暖かい感触も最高です。



th_PB073291.jpg

th_PB073287.jpg

th_PB073284.jpg





アトリエナルセのレッグウォーマーは二重織になっていてソフトなフィット感が最高。


th_PA102362.jpg

th_PA102347.jpg

th_PA102352.jpg

th_PA102357.jpg









クリスマスギフトや今年1年のお礼の品にも、ぜひどうぞ。





Hoffmannの靴下とレッグウォーマー
atelier naruseの靴下とレッグウォーマー










kinetousu(instagram)  →  inst.jpg










posted by kinetousu at 17:10| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする