2017年10月29日

CLICK PEBBLE ウール/コットンキルティングワンピース





雨の降る日曜日。
商店街を歩く人も少なく、お店もマーヒー(暇)な1日。
毎週末こんなにも雨が降っていたら、仕事や商売にならない業種もあるのではないかと思ってしまう。お取引先の方も2週続けてゴルフへ行く予定がキャンセルになってしまったと言っていたしな。
家の近所の世田谷公園も天気の良い週末は日光浴をしながら読書をしたり親子で走り回る姿をたくさん見かけるのに、さすがにこの雨では人っ子ひとりいなくて雨音が響き渡って静かだった。
遊び盛りのちびっこ達も外で遊べなくてかわいそうだなあ。
そんな中、店の隣ではザーザー降りでも絶賛工事中!
今日は巨大な調理道具たちが搬入されていた。ごくろうさまです。
隣のパン屋のオープンが待ち遠しい。
隣でパンを買い目の前の肉屋ではコロッケを買ってコロッケパンにして食べるのだ。
隣に新しくできるパン屋の名前は「ブーランジェリー ヌフ」というみたいです。

さて、店がマーヒー(暇)と言いつつ実はやらねばならぬことはたくさんあるのだ。
まずは2018年春夏商品のオーダー。
春夏シーズンに店に並ぶのを想像しながら、計算機を叩きつつ、あれこれ調整。
たまに発注するかしないかで、または発注数で迷うこともあって、そんな時は「うーん、今回はやめとくか」「よしっ、いっちゃえ!えいやー!」のどちらかになります。
少し先の春や夏を思いながら楽しいけれど難しい発注作業。えいやー!






th_64FDA64C-156C-42CF-BEFC-C4A844C609CA.jpg

店の外に大きなトラック。
荷台にはブルーシートがかけられた巨大な調理器具たち。
クレーンも出動していました。











CLICK PEBBLEの「ウール/コットンキルティングワンピース」。



th_PA290356.jpg



th_109A.jpg

th_111.jpg

th_112.jpg

th_114.jpg

th_116A.jpg



表がウール、裏がコットンのキルティング素材。
この素材の質感がとても良くて大好きです。
キルティングといってもそこまで厚さがないので、ふっくら見えるということはありません。
軽量で暖かく生地の凹凸によって表情のあるワンピース。
ボタン位置がいいデザインになっています。
色はネイビーとチャコールの2色ですが、すでにネイビーは完売してしまい現在はチャコールのみです。
袖ぐりはたっぷりと開いているのでインナーが窮屈に見えてしまう心配をしなくても大丈夫。
裏のツルッとした感触や、触った時の柔らかくて安心感のある素材感がとても良いのですよ!



CLICK PEBBLE
ウール/コットンキルティングワンピース CHA
¥19,000+tax










こちらは「スーリーアルパカ天竺カーディガン」。
先日のCLICK PEBBLEの展示会の時に、デザイナーさんが着ていてとてもお似合いでした。
カーディガンの下に柔らかそうな丸首の白いカットソー(あまり首元は開いていない)、ボトムにはトップグレーのカットソーパンツを合わせていて、さすが素敵!

th_PA290357.jpg

th_081.jpg

th_082.jpg

th_078.jpg

th_086.jpg

th_084.jpg



Aラインのシルエットと袖口のギャザーがぴったりの相性。
アルパカ100%で、感動するくらいふっかふかの肌触りです。
黒色に近いネイビーなので、馴染みやすい色です。
かわいらしい抜け感のある大人なカーディガン!


CLICK PEBBLE
スーリーアルパカ天竺カーディガン NV
¥19,000+tax












明日は定休日です。
着用写真撮影をする予定。
たくさん撮ってたくさんアップしたい!









「引越し記D」

今の店舗に決める前に決めようと思っていた物件は、3階立てのビルの2階と3階部分。
1フロアが44平米(覚王山の時の店の約2倍)もある広い物件で、2階を店舗にして3階を商品のストックや事務所使いにしようと思っていたのです。
家賃は1階ではない分広さの割に相場よりだいぶ安かった印象。
もともとは住まいとして使用していたのを全て解体された状態なので、とにかく廃墟状態でした。
金銭的な問題もあるので、まずは3社に見積もりをとってもらうことに。
1社目はネットで見つけた、物件から近くの設計施工会社さん。
家も店舗も低予算から引き受けてくれると書いてあり早速電話しました。
不動産屋立会いのもと現場調査に来てくださったのもこの会社の方が1番目で、私たちがいる前で物件の隅々まで見ていただき、正直なアドバイスをいただきました。
結果としては、
「広いから業務用エアコンが1フロアに2台必要。トイレを設置(トイレの壁も作らなくてはいけない)したり、電気やガスの配線問題、床や壁や天井の修復、入り口のドアなどなど店舗のデザインがどうこうという前に店舗として使えるようにするだけでかなりお金がかかる物件。」とのこと。
業務用エアコンがかなりお金がかかること、業務用エアコンを使用するとなると一般的な電力ではなく動力を使用することになることを改めて知りました。
エアコンを計4台設置して床や壁などを綺麗にするだけで予算オーバー。
現場調査のあとに駅前のドトールで話し合いをしたのですが、「この物件は無駄にお金がかかりすぎるから、他の物件を探す方がいいかもしれないよ」と助言してくださっ時に頭の中が真っ白になったのを覚えています。
何というか、周りの音が聞こえなくなって貧血の時のような感じ。
ここに引っ越すんだと意気込んでいただけに、その時のショックはなかなかのものだったのです。
1社目の見積もりで、物件の引き渡し状態によって初期費用がかなり変わってくることを学びました。
どうせお金を払うなら、基本的な工事よりも店自体に使った方が確かにいいに決まってる。
または、それだけ基礎工事にお金を費やしてでもこの物件に決めるだけの魅力があるのか。
この時点ではまだ、この物件を諦める決意ができませんでした。
他の2社にも見積もりを取ってもらおう。
すると意外な返答が返ってきたのでした。


つづく










kinetousu(instagram)  →  inst.jpg










posted by kinetousu at 16:55| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする