2020年07月29日

祝7周年






先日の7月27日で、KINE TO USUは無事7周年を迎えることができました。

マスクの中では口元が思わずニヤリ、嬉しさが込み上げてきます。

今年に入って何度マスクの中で口角を上げたんだろう。

それは今日のような嬉しさからではなく辛さから。

奥歯をかみしめて口角だけを「イーーーーーーっ」と横に引くと、

脳が「笑っている」と勘違いして”幸せ”な気分になる、と聞いたことがあったのです。







新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間中、

「服屋って人の為に役立っているのかなぁ?」「服って生きていくために必要なのかなぁ?」

と、ふと考えた時がありました。

今思えば不安やストレスで少し疲れていたのだと思いますが、

その当時はけっこう真剣に考え込んでしまっていました。

そんな時、サッカーの長友佑都選手のこんな言葉に救われたのです。

ーーーー『サッカーは生きていくためには必要ないけど、”幸せ”になるためには必要』ーーーー







そうだ、服は”幸せ”になるために必要なんだ。

好きな服を着ると”幸せ”な気分になれるから私は服屋を続けているんだ。







今年は店から離れている時間が長かった分、さらに店への愛着が湧きました。

今日もたくさんのお洋服に囲まれながら、店のレジカウンターのパソコンの前にいます。

入店してくださるお客様とお話をしながらあっという間に1日が過ぎていきます。

そして九品仏商店街が多くの人たちで賑わい出す夕暮れ時に、

私は愛する息子を迎えに小走りで保育園に向かいます。

以前のように夫と飲みに行くこともないし、当分友人と会う約束もありません。

ちょっと内向的で、何てことのない同じような毎日ですが、

今はそれがかけがえのない毎日でもあります。

きっと少し先に、また戻ってくるであろう明るい日常を楽しみに待ちながら、

明日もこの場所で”幸せ”を与えてくれる服のことを考えます。

いつでもお客様に”幸せ”を手にし、感じてもらえるように、

私はこの店を大切に守っていきたいと思います。







いつもKINE TO USUでお買い物をしてくださるお客様、

ブログやインスタグラムを見てくださっている方々、

お世話になっている取引先の皆様、

応援してくれる家族や友人、

毎日保育園で頑張っている息子や保育園の先生方、

大変なこの世の中で人の為に働いてくださっているすべての皆様に、

心から感謝いたします。





8年目を迎えたKINE TO USUを、

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。






2020.7.29
長引く梅雨の日に、これからの未来に希望を託して。

KINE TO USU









またひとつ、足跡が増えました。
ペタッ。


「祝6周年」
「祝5周年」
「祝4周年」
「祝3周年」
「祝2周年」
「祝1周年」








kinetousu(instagram)  →  inst.jpg