2017年02月28日

ASEEDONCLOUD  HW overall



ASEEDONCLOUDのHand werkerシリーズのオーバーオールが入荷しました。
「Hand werker」(ハンドベーカー)とはドイツ語で「職人」というような意味なのだそう。
職人たちが着るような作業服をイメージして作られた服たちは、汚れてもかっこ良さそうな、むしろちょっとくらい穴が空いていても良い”味”になりそうなデザインのものばかり。
そんな服を「いいな、かっこいいな」と思いつつ、女性はどうやって着こなせば雰囲気良くみえるかなと考えていました。
そこでふと思いついたのが、「すずめちゃん」!
すずめちゃんとは、唯一毎週見ているドラマ「カルテット」に出てくる満島ひかりが演じている役。毎週毎週ダボっとしたつなぎなどいかにも作業着のような衣装を着ているのですが、これがとてもかわいいのです。
先週の回でも、すずめちゃんがつなぎのポケットのファスナーを開けて携帯電話を出す仕草にとてもキュンとしてしまった私。作業着は機能性重視なので、ポケットの中身が落ちないようにファスナー開きになっているのだろうな。
今回入荷したオーバーオールの胸当てに付いているファスナー付きポケットも胸キュンポイントです。ぜひ携帯電話を入れてみてください。






th_P2280292.jpg

th_P2280293.jpg

th_P2280294.jpg

th_P2280302.jpg

th_P2280445.jpg

th_P2280447.jpg


th_P2280282.jpg

th_P2280283.jpg

th_P2280287.jpg

th_P2280290.jpg

th_P2280432.jpg

th_P2280442.jpg




バーガンディの帆布もヒッコリーも、どちらも着古したらいい味が出てきそう!
どちらにするか迷ってしまいますね。




ASEEDONCLOUD  HW overall
ヒッコリー オフ XS ¥29,000+tax
備前壱号 バーガンディ XS ¥30,000+tax







バンコクの旅 4日目

th_P2100662.jpg

シーロム通りを西に歩いていくと左手に見えるこの建物と文字の感じが好きだった。
この辺りにはアクセサリー屋がたくさん立ち並んでいて、1軒1軒ウィンドウを見ながら良さそうだったら店に入るという感じだった。
ガラスにへばり付いて見る姿は店内から見たら怪しいだろうけど、どう思われてもいいやという開き直り(?)のおかげでじっくりと楽しめた。
海外へ行くと「言葉が通じない・道も分からない」など、とにかく分からないことだらけで疲弊することも多いけれど、この”開き直り”が出来ると、楽しみが増えるような気がする。




th_P2100664.jpg

トイレ休憩に入ったカフェでバナナスムージー。
とにかく美味しい。
この日朝から機嫌の悪い夫は歩いている途中にトイレが見つからず、さらにご立腹だった。




th_P2100665.jpg

こういう所は妙に落ち着く。




th_P2100667.jpg

バンコクのチャイナタウン。




th_P2100669.jpg

トゥクトゥクに乗ってみる。
1時間10バーツでいいから途中で店に寄ってくれ、と言ってくる運転手のおじさん。
「ミルダケ、ミルダケ」
観光客相手の店に何件か連れて行かれる。
どうやら店に客を連れて行くとガソリン代が貰えるらしい。
そして最終的に降ろされたのはお願いした場所と全然違うところだった。
さらに10バーツ以上の金額を言いつけてくる。
もしアメリカ人だったら「ファック ユー!」と言ってしまいそう。




th_P2100671.jpg

次の日は朝早くに空港へ向かわなければいけないので、夜ごはんはテイクアウトしてホテルで食べる。写真は夫が挑戦したカオマンガイの屋台。
鶏というか、鳥というか‥。
バンコクでは果敢に攻める夫。



th_IMG_7778.jpg

テイクアウトしたごはんの入った透明の袋を持って歩くと現地の人っぽい。




th_IMG_7779.jpg

緑の葉っぱの炒め物がとても美味しかった。
何の葉っぱなのかは謎なのですが。
せっかくのバンコク最後の夜ごはん、夫と私は冷戦状態。
疲れるとやっぱり人ってイライラしてしまうものだな。




th_IMG_7782.jpg

スワンナプーム国際空港。
機材の到着が遅れているとのことで、1時間ほど遅れての離陸。
機内はおそらくタイで働く日本人(50代から60代の男性)が多かった。
名古屋に着いたのは夜。外はまさかの雪。
寒いけれど、暑くないという安堵感。




バンコク。
ラグジュアリーでおしゃれな場所も、ローカルが集う道端も、道路に溢れる車やバイクも、そして食べ物までも、とにかく熱気を感じる暑い場所だった。
バンコクで感じた暑苦しいくらいの熱気を、心の中のタッパーに保存しておきたい。
そしてその熱気が冷めてしまった頃に、また訪れたい場所です。
(ちなみに、夫との冷戦は帰国後4日感ほど続きました。)


posted by kinetousu at 19:32| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

PULETTE Jean Jacket 






雑誌を見ていたら、モデルがGジャンにトレンチコートを羽織っていた。
薄くもなく濃くもないインディゴのGジャンに、白っぽい色のトレンチコート。
それがとてもとてもかっこよくて、絶対に真似しようと思っている次第なのであります。
先日入荷したばかりの、PULETTEのノーカラーのGジャンにはクラシックなベージュのトレンチコートが似合いそう。
ノーカラーというところが、意外にもGジャン初体験の方にも馴染みやすいのでは、と思います。
コンパクトに見えますがゆとりのある作り。
そして生地は薄手なので窮屈さもあまり感じません。最高!
まだまだ寒い時期には、このGジャンの上にダウンベストを合わせても素敵ですよ。




th_P2270251.jpg

th_P2270257.jpg

th_P2270263.jpg

th_P2270269.jpg

th_P2270265.jpg

th_P2270272.jpg







PULETTE
Jean Jacket INDIGO
¥21,000+tax







2017年も2ヶ月が過ぎた。
スマップが5人揃った姿が見たくなってきた。
2017年に自分が慣れてきたからふと思い出したのかなーと思った。
そういえば今日は月曜日だし!






posted by kinetousu at 19:20| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

ラッシュ!




新作入荷ラッシュ!
あぁ楽しい!
一緒に楽しみましょう、春。



NO CONTROL AIR、PULETTE、ASEEDONCLOUD、FABRIQUE en planete terre、dahl'ia、WHYTOの商品が届きました。
WHYTOは今季からお取引するブランド。
お仕事に着ていける服が欲しいという方にぴったりのブランドなのです。
今年の春物立ち上がりのドアタマは白シャツやベーシックカラーのアイテムが多かったですが、どしどしと色物が増えすっかり華やいできている店内です。





白シャツと白いスニーカーとベージュパンツは春の定番。

th_名称未設定.jpg




色+色の相乗効果。

th_P2250669.jpg

th_P2250671.jpg




新年度のはじまりはかっちり決めたい。

th_P2250675.jpg




冒険したい。

th_P2250674.jpg







宝くじ当たらないかな‥
欲しいものがたくさんありすぎて。
行きたいところがありすぎて。
新しい靴が欲しいのに、
足が痛くて柔らかい靴しか履けない切なさ。
日々我慢も多いけれど、欲をなくしてはならぬ。
すぐに叶わぬ夢もあるけれど、自らを諦めてはならぬ。
そう言い聞かせる、私の2017年春。











posted by kinetousu at 19:27| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

Encachette ドラムショルダーバッグ






明日の定休日は夫と出張へ。
明日の東京の最高気温、18℃!
それでいて雨降りって、蒸し暑いのかしら‥。







Encachetteの「ドラムショルダーバッグ」。

th_P2150022.jpg

th_P2150028.jpg

th_P2150027.jpg

th_P2150002.jpg

th_P2150014.jpg

th_P2150015.jpg

th_P2150016.jpg

th_P2150020.jpg

th_P2150018.jpg





筒型って惹かれます。
茶筒、卒業証書を入れる細長い筒 、プリングルスのパッケージ、万華鏡、ゴミ箱も筒型が好き。

このバッグはショルダーの金具の位置を変えて縦にいても横にしても使っていただけます。
使いやすさは確かに横ですが、縦にした時のフォルムは何とも言えない格好良さがいいのです。
パンツスタイルには縦、スカートやワンピースには横が似合いそう!

ファスナーの開きは18cmで、私が持っている長財布(横の長さ19cm、厚み2.5〜3cm)がぴったり入る大きさ。(※これより大きい、または分厚い長財布は入れるのが難しくなるのでご注意くださいね。)

大きすぎないサイズ感が体に馴染みやすいショルダーバッグです。




Encachette
ドラムショルダーバッグ
BK/WH/GY
¥15,000+tax










バンコクの旅 3日目

時間が経てば経つほど旅の記憶が薄れていってしまいます。
真実味が無くなるといった感じでしょうか。
リアルタイムで感じたことや遭遇したことはその時の言葉で記録しなくてはダイナミックさに欠けてしまうのだな、と実感。
これからは旅に出た時、その場でメモを取るように心がけなくては!








th_P2090636.jpg

チャオプラヤー川を船で渡ります。
奥に見えるのが船着場。




th_P2090639.jpg

川は決して綺麗とは言えない‥。



th_P2090641.jpg

観光客がたくさん乗船しています。
切符を持っていなかったので、お金は船の上で徴収。
船に乗っている時からなんとなくお腹に違和感‥。キュルキュル。



th_P2090642.jpg

向かったのは、チャオプラヤー川の西側にあるセレクトショップ「The Jam Factory」。
もともとは古い工場や倉庫があった場所がおしゃれに生まれ変わり、本や雑貨を売っていたり、カフェスペースまであります。
日本でいうと蔦屋書店みたいな感じでしょうか?
バンコクの街はザワザワと活気があり、四方八方から耳や目に刺激が入ってくるのですが、ここはとにかく静かでオアシスのような雰囲気で落ち着きました。




th_P2090644.jpg

中庭みたいなスペースに立つ大木。
この写真の左奥にはトイレがあって、そこに2回駆け込みました。
この時の嬉しさったら!(船を降りてからここに着くまでとにかく無言で耐えました)
繁華街にはショッピングモールやファストフード店などたくさんあってトイレに困らないのですが、ローカルな町並みにくるとなかなかトイレが見つからずけっこう困りました。



th_P2090646.jpg

帰りはヒルトンホテルの無料シャトルボートでサパーンタクシン駅まで。
この木はヒルトンの敷地内にあって、妙に不思議な雰囲気が漂っていて素敵だったなあ。




th_P2090647.jpg

日本人街ともいわれるスクンビット周辺を歩きます。
日本語もたくさん見かけました。
スクンビット駅前には「ターミナル21」という大きなファッションモールがあり大賑い。
歩き疲れたので、街を歩く女性がけっこうな割合で手に持っているスムージーに挑戦。
暑くて体力が消耗している体にスムージの甘さが染み入ります。
道端にはスムージー屋台がたくさん出ているし、コンビニでも買えます。
コンビニはセブンイレブンがいたる所にあってとても便利。




th_P2090651.jpg

そしてまたサイナム周辺へ。
東急に入ってみたら、KINE TO USUでも取り扱いのあった「MUZINA」のコーナーを発見しました。キッズもあってかわいい。




th_P2090650.jpg

またマーケットへ。




th_IMG_7766.jpg

サラディーン駅近くの両替所。
今回は前もって両替はせず、現地でバーツが無くなるたびに両替しに行きました。
なんとなく岩井俊二の映画「スワロウテイル」を思い出す光景。




th_IMG_4797.jpg

th_IMG_3188.jpg

夜ご飯の前にちょいと一杯。
生ビールとカンパリソーダ。
ハッピーアワーがバンコクにもありました。




th_IMG_7773.jpg

th_P2090655.jpg

この日はチョンノンシー駅近くのシーフード料理の店「レックシーフード」へ。
種類豊富でリーズナブルで最高に美味しい!
もう一度食べたい‥激辛トムヤムクン。
他に鶏肉の炒めもの、卵焼きサラダ。




th_P2090659.jpg

ポークを頼んだはずがなぜかシーフードのチャーハンが来た。
間違いない美味しさ。



th_P2090661.jpg

ポークとカシューナッツの炒めもの。
夫はひたすら瓶ビールを飲んでいて「ビールじゃないお酒が飲みたい」と。同感。
焼酎が飲みたくなりました。
この後、夫と険悪な雰囲気になりひとりづつトボトボとホテルへ。
こんなことも旅には付き物です。
夫がかたくなにだんまりを続ける4日目へつづく‥。









posted by kinetousu at 18:03| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

「Dior and I」






昨夜観た映画「Dior and I」(邦題「ディオールと私」)のトキメキが、今もまだ冷めずにいる。
この映画は、ラフ・シモンズがDiorのアーティスティック・ディレクターに就任後初のオートクチュールコレクションの舞台裏を描いたドキュメンタリー。
出てくるドレスの美しさ、ショーのラグジュアリー感や研ぎ澄まされた緊張感など、とにかく息を呑むようなドキドキでいっぱいの映画だった。
その中でも、ラフ・シモンズのインスピレーションを形にするお針子さんたちの仕事ぶりはとても印象に残っている。
トワルに生地をまとわせていく仕草、生地のシワをとる手つき、スパンコールをひとつひとつ縫い付けていく針の動き‥そのどれもが華麗だし、優しいのに力強かった。そして1枚の布が徐々に立体的な美しいドレスになり、そのドレスを着たモデルがランウェイを歩く姿を見たときの高揚感はゾクッとするほどだった。
私が今店でお取り扱いさせていただいているお洋服たちは、この映画のようなオートクチュールの世界とはまた少し違うかもしれないけれど、それでも物作りのプロセスは基本的には同じなのだと思う。
この間久しぶりに家でミシンを使った時にも思ったのだけれど、どのお洋服もこうやって人の手が必ずかかっているんだということ。
すでに完成された製品ばかり見ていると、本当にすっかりそういうことを忘れてしまったりするのだ。それはとても恐ろしいこと。
この服の色が綺麗だとか、見た目がかわいいだとか、素材が気持ち良いだとか、そういうことの裏側にはたくさんの人の手があることを忘れずに思おう。
学生時代に大塚屋で生地を買って、パターンを引いて、夜な夜なミシンをかけたことを忘れないでおこう。
もしも、お洋服が「売れる・売れない」の商売の道具とだけしか思えなくなってしまったら、私は店を辞めた方がいいと思うし、きっとその前にKINE TO USUは潰れてしまうと思う。

どうやらいつも近くにある「服」へのトキメキに改めて気づいたみたい。
まるでマンネリ夫婦の言葉みたいだけれど。










posted by kinetousu at 19:18| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

atelier naruse オーガニックコットンチノニッカボッカーズ







夕方5時に春を思うこの頃。
確実に日没が遅くなってきているのを実感し嬉しい気分!






atelier naruseの新作パンツ「オーガニックコットンチノニッカボッカーズ」、残りわずかです。
なかなか出会えない、個性が凝縮されたパンツです。
ブラウスやジャケットなどと合わせても素敵なのですよ!


名称未設定.png

th_P2180109.jpg

th_P2180103.jpg

th_P2180100.jpg


ベイジュとブラックの2色。
ブラックはいわゆる「黒」ではなく、うすい墨汁のような味のある色です。


th_P2180106.jpg
右がニッカボッカーズのブラック、左が他のブランドのブラックのパンツ。
比べると色の違いがよく分かります。







atelier naruse
オーガニックコットンチノニッカボッカーズ
ブラック/ベイジュ
¥19,000+tax












本日より、バンコクで買い付けたアクセサリーや小物を店頭に並べています。
数は少ないですが、ぜひお手に取ってみてくださいませ。

th_P2180099.jpg






posted by kinetousu at 18:56| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

続々入荷





本日、新作がたくさん入荷!
そしてありがたいことにご来店も多い1日で、
店内も私も混乱しておりました。
ご来店くださったお客様、失礼大変いたしました。
明日は定休日。
ですが、出勤する予定。
店内を本格的に春物シーズン仕様に!
みなさまのお顔を思い浮かべながら。
お楽しみに。






posted by kinetousu at 19:22| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

NO CONTROL AIR 120/2コットン高密度タイプライターノーカラーシャツ



ハッピーバレンタイン!




NO CONTROL AIRから、毎シーズン人気の定番デザイン「ノーカラーシャツ」が入荷しました。
襟付きのシャツが似合わないという方、首が詰まっているデザインは着ないという方にも、このノーカラーシャツはおすすめしたい商品。


th_IMG_0606-12312.jpg



着用すると見た目ではあまり分からないのですが、実はバストがかなり広めにとっています。
これは着てみると本当に不思議。
そのため普段首元の詰まった服を着るとバストまわりが張って見えてしまう方にも挑戦しやすいのです。
肩から腕にかけても実はゆとりをとってあり、肩幅は華奢な雰囲気なのですが着てみると突っ張らずに心地よく着ることが出来ます。
袖の肘下のダーツは、実は分量のある袖を綺麗なシルエットに見せてくれています。


th_P2140729.jpg

th_P2140737.jpg

th_P2140699.jpg

th_P2140705.jpg

th_P2140679.jpg

th_P2140681.jpg


NO CONTROL AIR特有のセンターバックの縦の1本のステッチも、相変わらず効いていて素敵。
ブルーとブラックは透け感が全く無く、ホワイトは透け感はありますが目立ちにくいですよ。
ぜひぜひ一度お試しくださいませ。


NO CONTROL AIR
120/2コットン高密度タイプライターノーカラーシャツ
White/Blue/Black
¥17,500+tax












バンコクの旅 2日目

この日は、ファッションモールがたくさん立ち並ぶサイアム周辺を散策しました。



th_P2080567.jpg
バンコクの朝@。散歩中の猫。



th_P2080576.jpg
バンコクの朝A。犬も散歩。日本では見かけなくなった野良犬をちょくちょく見かけた。



th_P2080569.jpg
バンコクの朝B。屋台で朝ごはんを食べる地元の人たち。



th_P2080568.jpg
バンコクの朝C。フルーツの屋台もたくさんありました。



th_P2080570.jpg
ルンピニ公園前。「THAI-JAPAN BRIDGE」。



th_P2080571.jpg
バイクが多い。



th_P2080578.jpg
建設中の高層の建物もあれば‥



th_P2080583.jpg
一方で、昔ながらの建物も残っています。
電線が一体どうなっているのやら。


th_P2080579.jpg
「伊勢丹」もあります。
他にも日本でいう「ラフォーレ」や「ルミネ」みたいなファッションビルがあり、若者で大にぎわい。その中でも「セントラルエンバシー」というモールはラグジュアリーで、地下のフードコートも綺麗でお洒落だった。



th_P2080584.jpg
マーケットが盛り上がる前の静けさ。



th_P2080585.jpg
マーケットの中にも屋台。
街中にとにかく屋台、屋台、屋台なのだ。



th_P2080606.jpg

th_P2080607.jpg
電車BTS(スカイトレイン)に乗る。
車内は冷房がかなり効いている。
スマホをいじる光景は日本と同じ。



th_P2080588.jpg
行列のできるカオマンガイの店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」。
通称「ピンクのカオマンガイ」。
渋谷や福岡にも出店しているそう!



th_P2080605.jpg
バンコクの女性はミニスカートにフラットなパンプス姿が多かった。
そして全体的にタイトなお洋服でした。女性らしいですね。
そして手には甘いスムージー、というのがバンコク女性の印象。



th_P2090635.jpg
浮腫みまくる手足。
これはとても謎だったのですが、バンコクを歩いているととにかくパンパンに浮腫むのです。
はじめは塩分の高い食べ物のせいかなと思ったのですが、気温が高くて乾燥した気候のせいなのかもしれない。
少し怖かった。



th_P2110678.jpg
帰りの機内でやっと通常の手に戻る。
心から一安心。



th_P2080614.jpg
ルーフトップバーが人気のバンコク。
宿泊したホテルの37階のバーへ。
実はけっこう怖い。
値段はけっこ高い。


th_P2080616.jpg
陽が落ちて夜景が綺麗。
チャオプラヤー川もちらりと見えました。



th_P2080620.jpg
夜ごはんのシメはやっぱり屋台。
グリーンカレーと空心菜炒め。
次の日お腹を壊すとはこの時はまだ知らず‥ つづく。






kinetousu(instagram)  →  inst.jpg














2017年02月13日

atelier naruse ノーカラーリネンジャケット






無事帰国し、店は通常営業しております。
買い付けてきた商品は今週末から店頭に並べる予定!
ippei takei、atelier naruse、NO CONTROL AIRから新作が入荷しています。





atelier naruseのフォーマル。
「ノーカラーリネンジャケット」です。

th_P2120691.jpg

th_P2120693.jpg

th_P2120700.jpg

th_P2120679.jpg

th_P2120682.jpg

th_P2120685.jpg



長いシーズン対応できるリネンを使用しておりフォーマルといえどもかしこまり過ぎず、日常でも着てもらいやすいジャケットです。
ノーカラー、そして着丈がやや短めなのでワンピースの上からでもボレロのように羽織れます。
長めのネックレスなんかもかけやすいですね。
カジュアルパンツともコーディネートしやすいタイト目なシルエット。
袖裏にはキュプラの裏地付きなのが嬉しいです。
家でお洗濯可能ですが、洗うとどうしても表情がクタッとしてしまいます。
もちろんそのクタッとした感じがリネンの良いところでもあるのですが、もし「フォーマルひとすじで使いたい」「ピシッとキマッた感じで着たい」という方はドライクリーニングがおすすめ。
普段ジャケットを着慣れない方にも馴染みやすさのある、atelier naruseらしいジャケットだなと思います。
写真は普段使いをイメージ。


th_P2130687.jpg


atelier naruse
ノーカラーリネンジャケット ブラック
¥26,000+tax

atelier naruse
リネンシャツ ホワイト
¥15,000+tax

FIRMUM
66/-リネン&強撚コットン尾州ツイルギャザーパンツ WHITE×NAVY STRIPE
¥26,000+tax




th_P2130681.jpg

th_P2130682.jpg

atelier naruse
ノーカラーリネンジャケット ナチュラルフラックス
¥26,000+tax

STAMP AND DIARY
ソフトニットリブ Crew neck Pull-Over シロ
¥14,800+tax

atelier naruse
デニムペックトップパンツ
¥19,000+tax











バンコクを出発して家に辿り着いたのは土曜日の夜。
時差が2時間しかないので時差ボケはなし。
元気だわーと思っていたら、ジワジワと疲れがやってきました。
今回は時差ではなく温度差が問題なのだな。
バンコクへは初めての旅で、買い付けに関してどんなものと出会えるのか全く分からない”行き当たりばったり”の旅でした。
毎日歩き回って見ているうちに、KINE TO USUに並べるにはアクセサリーが合うのではと思い立ち、最後はアクセサリー屋を重点的にまわりました。
「宝石がついてギラギラ光るアクセサリーではなく、もっとカジュアルに付けられる親しみやすいアクセサリー。」
いざアクセサリー屋に入ってみると、気に入ったものを見つけてもひとつでは売ってもらえなかったり、売り物ではなかったり、オーダー制だったりとなかなか一筋縄では行かなかったけれど、もっと英語を勉強して細かいオーダーなどが出来るようになればもっと面白い買い付けの旅が出来るのでは、という期待は膨らみました。
今回買い付けした数は少ないですが、またこれからに繋がるような意義ある旅となり満足です。



バンコクの旅 1日目

th_P2070526.jpg
中部国際空港11:00発、TG645タイ航空でバンコクへ。
機内アナウンスで「現地の温度35℃」と聞きビビる。



th_P2070534.jpg
機内食は苦手です‥。毎度そばから食べる。




th_P2070536 2.jpg
ベトナム上空、だと思われる。



th_P2070539.jpg
町並みが見えてきた!
セントレア空港を発って約6時間半後にバンコク着。
到着後はじめに見た光景。
その辺の地面に平気で座ってごはんを食べているタイ人の姿。
この光景はこの後も日常茶飯事的に見かけた。
いいなあ。



th_P2070547.jpg
ホテルにチェックイン後、散歩。
これはチョンノンシー駅周辺。
超高層ビルが立ち並ぶオフィス街なので、帰宅するOLさんとたくさんすれ違う。
道路も帰宅ラッシュで、車とバイクの数が尋常じゃない。もちろん大渋滞。



th_P2070550.jpg
夜ごはんを食べる店を物色中。
シーロム通りを中に入った道沿いにたくさんの屋台。



th_P2070552.jpg

th_P2070553.jpg
この屋台に決定。
ここの呼び込みの男性は接客の鏡だと思った。
声を掛けられた外国人、100発100中でこの屋台で食べていく。



th_P2070554.jpg
夫が頼んだヤムウンセン。
食べてびっくり、温かかった。
辛くて美味しい。



th_P2070556.jpg
イカのカレー炒め。
こちらも最高に美味しい。
シンハービールが進む進む。



th_P2070561.jpg
まだまだ物足りないので場所を移動して屋台散策。
こちらはサラディーン駅周辺の屋台街にて。
1軒目は観光客が多かったけれど、こちらの屋台街は地元の人がほとんどだった。
パッタイと、ごはんの上にオムレツをのっけたものと、唐揚げを買ってホテルで食べた。
唐揚げはひとつ20円くらい。
バンコク、ここはとても楽しめそうだ。と安心して1日目は就寝したのでした。つづく‥







kinetousu(instagram)  →  inst.jpg









2017年02月06日

海外出張へ行ってきます






明日2/7(火)から2/11(土)まで、出張のため連休をいただきます。

2/12(日)からは通常通りの営業となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


KINE TO USU












CLICK PEBBLEの「ハードバイオ天竺+タイプライターボックスタックキュロットパンツ」。

th_P1230192.jpg

th_P1230196.jpg



着た時のシルエットがさりげなく個性的なキュロットパンツです。
カットソーで楽チンなパンツといえども、細部にこだわりが詰まっています。

th_P2060515.jpg


同色の布帛素材とのコンビネーション。
th_P2060520.jpg

th_P2060521.jpg


股下にはなんとタックが入っています。
th_P2060522.jpg

th_P2060524.jpg


後ろポケットがポイント。
th_P2060527.jpg


色違いのベージュは落ち着いた色合い。
th_P2060533.jpg

th_P2060534.jpg

th_P2060531.jpg



着用してみると、股下のタックが効いて普通のキュロットパンツより少しシャープなシルエットです。
th_P2060515 17.07.44.jpg

サイドに切替があるので、横から見るともおもしろい感じにフレアが入ります。
th_P2060518 17.07.44.jpg




カタログの外人モデル着用写真では着丈が短めに見えますが、意外と長いですよ。
そして想像以上にしっかりとした素材感なのです。
これは夏にももってこいです。



CLICK PEBBLE
ハードバイオ天竺+タイプライターボックスタックキュロットパンツ
BG/NV
¥16,000+tax









明日の午前中の便でバンコクへ。
初バンコク、楽しみ!
先日、家の冷蔵庫の中を覗いた夫に「今年は油断しとるな」と言われました。
どうやらいつもならもっと早いうちから冷蔵庫を空にするのに、今年はまだこんなにも野菜が残っていて旅支度は大丈夫なのか、ということのよう。
夫の言う通り、例年と違い暖かい(暑い)場所へ行くからなのか、飛行時間がヨーロッパの約半分だからなのか、私は油断しているのかも。
気を引き締めなくては!








th_P2060536.jpg

旅用に注文した本が届いた。
相変わらずエッセイばかり。
機内やホテルでの読書も旅の楽しみ。



th_P2060542.jpg

「サザエさん」の作者、長谷川町子さんは旅行好きだったんだそう。



th_P2060541.jpg

写真家・川内倫子さんの携帯カメラ日記。
日記の文章ってその人のセンスが出るのでは、と思っている。
端的にわかりやすく、客観的な目線と主観的な目線を上手く文章にするのって難しいな。
日記が上手く書けるようになりたい。










それでは、行ってきまーす!







旅の様子はインスタグラムでもアップする予定!
kinetousu(instagram)  →  inst.jpg







2017年02月04日

FIRMUM フルダルポリエステルオックスパンツ





本日の名古屋、最高気温14℃、立春日和。
暖かい日はなんでこんなに嬉しいのだろう。
洗いたての掛け布団を思い出すような嬉しさだった。
「春眠暁を覚えず」の季節も案外もうすぐなのだ。



 




新作がじわじわと入荷中。
昨日はFIRMUM、今日はnooyから商品が届きました。
今日はご来店がいつもより少なめで淋しかったのですが、新作を着てみたり写真を撮ってみたりと結局ひとりで盛り上がっておりました。
ぜひみな様も新作をご試着しにいらしてくださいね。





FIRMUMの「フルダルポリエステルオックスパンツ」。
th_P2040561.jpg

th_P2040562.jpg

th_P2040564.jpg

th_P2040567.jpg

th_P2040569.jpg

th_P2040570.jpg



このパンツの素材と色がとても素敵です。
ポリエステル100%でツヤがありそうに見えてマットな素材感。
ごわっとしてそうで触ると柔らか。
食べ物に例えるなら「おから」のような感じなのです。
もちろん家で洗ってもらえます。
きつめのテーパードがかかっていて裾は細め、着丈が短いので長身の方はワンサイズ上のSサイズで良さそう。
私は身長164cmなのですが着用するとこんな感じです。


th_P2040410.jpg



横から見ると、テーパードの具合がよくわかります。
th_P2040411.jpg



後ろのポケットが大きくて、着丈とのバランスがかわいい。
th_P2040412.jpg



同素材のトップスもあるので、セットアップでも着たいなと思ってます。
th_IMG_1090-8496.jpg



このパンツに白いTシャツ、パナマハットなんて被って靴下無しでローファーを履けば、”チョイワルオヤジ”風でかっこいい!
普段「FIRMUM」や「NO CONTROL AIR」のパンツが大きくてなかなか履けないという方でも、このデザインは挑戦しやすいと思います。ぜひお試しください。
ゆったりしたシルエットが好みの方は、Sサイズの取り寄せができる場合もあるのでお問い合わせくださいね。





FIRMUM
フルダルポリエステルオックスパンツ
SAND XS
¥21,000+tax








kinetousu(instagram)  →  inst.jpg






2017年02月03日

連休のお知らせ







海外出張のため、2/7(火)から2/11(土)までお休みをいただきます。

今年はタイのバンコクへ。
おもしろい雑貨などを探してきます。

ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。





KINE TO USU









th_P2030408.jpg

th_P2040417.jpg

th_P2040429.jpg


STAMP AND DIARY
ソフトニットリブ Crew neck Pull-Over シロ
¥14,800+tax

Encachette
モールスキンサルエルパンツ KH
¥16,000+tax

UNIVERSAL PLUS
コットン二つ折り2-wayソックス
¥1,750+tax





th_P2030405.jpg

th_P2030404.jpg

th_名称未設定.jpg

STAMP AND DIARY
ソフトニットリブ Crew neck Pull-Over グレー
¥14,800+tax

Encachette
ラッセルサロペットパンツ LGY
¥14,800+tax

BAG'n'NOUN
DAY PACK MAT
¥8,800+tax






今月のKepo bagelsのベーグル販売はお休みとさせていただきます。
ご来店をご予定されていた方、大変申し訳ございません。
来月は3/4(土)の第1土曜日です!





kinetousu(instagram)  →  inst.jpg